MENU

悪質な出会系サイトでクレジットカード決済してしまったときの対処法

現金が手元にない場合でも商品を気軽に購入することができるのがクレジットカード決済ですよね。

クレジットカード

家具家電やPC等の高額商品から24時間ショッピングが可能なインターネット通販等、多くの場面で活躍してくれます。

 

でも、クレジット決済って「信用第一」で成り立つビジネス。
それなのに、なぜ詐欺行為を行うような悪質出会系サイト(業者)で利用することが可能なのか? 不思議ですよね。

 

このページではクレジットカード会社と悪質出会系サイトの関係や、悪質サイト内でクレジットカード決済を行ってしまった場合の対処方法を紹介します。

 

クレジットカード決済の仕組み

 

出会系サイト運営側と利用者。
実はクレジットカードを利用する上では直接つながっていません。
必ず、決済代行業者が入っているのが一般的です。

 

決済代行会社とは、クレジットカードの決済を代行する会社です。

 

このような会社が存在する理由は小規模な小売店やオンラインショップが大量のカード情報を管理するのが難しく、決済代行業者が間に入り消費者と決済側をスムーズに繋げる為にあります。

 

クレジット代行

 

出会系サイト運営側は、事業内容からクレジット会社から契約を断られることが多く、直接的な契約はほぼありません。

 

その代わりに複数のクレジット会社と契約をしている、決済代行業者と契約することでクレジット決済を問題なく取り入れることを可能にしています。

 

決済代行会社は手数料や導入費用で儲けをだし、クレジット会社も信用のおけない危ない会社と契約することなく利益を上げることができるので、全員に利益のあるビジネスモデルと言えます。

 

■クレジット決済の流れ

 

利用者が出会系サイトでクレジット決済をした場合は以下のような流れになります。

 

(1)利用者のカード情報が決済代業者へ連絡される
(2)決済代行業者から各種カード会社へ問い合わせ
(3)各種カード会社は審査を行い決済代行業者へ可否の連絡
(4)可決の場合、決済代行業者は出会系サイト運営側に可能と伝える
(5)出会系サイトでクレジット決済が利用できる

 

クレジット決済の安全面

 

優良の出会系サイトだと思ってクレジット決済を行ったあとに、「実はサクラだらけの悪質サイトだった!」と気がついた…。

 

このような時、カード情報が悪用されないか。と心配になりますよね。

 

しかし、出会系業者が利用者のカード情報を悪用することは絶対にありません。

 

なぜかというと、利用者のカード情報は出会系サイト運営側までわたっていないからです。悪用したくてもできない状況にあります。

 

クレジットカードの支払いのシステム上、出会系サイトと利用者は直接的につながっていないので、決済代行会社を通じて決済を行います。

 

決済代行会社はSSL通信と呼ばれる高度なセキュリティ通信方法でカード情報を暗号化し、送信しています。
その内容は出会系サイト運営側だけではなく、出会系サイトのサーバー会社やネットワーク会社にも内容が漏れることありません。

 

ですから、悪質出会系サイトでクレジット決済を行ったとしても、悪質出会系サイト業者に渡る情報は名前と決済金額ぐらいで、その他の個人情報は渡らないので悪用される心配は無用となります。

 

また、決済後に悪質サイトであると気がついた場合は、地元の消費センターに相談しましょう。一人で悩まないことが大切です。

 

プロの相談者に間に入ってもらうことによって、利用した決済代行会社へ決済中止の申し出を行いましょう。

 

クレジットカードで決済をしても口座から引き落としが掛かるまで時間があるように、カード会社から悪質出会系サイトに支払われるのにも時間がかかります。

 

すぐに手続きを行うことによって、利用者のカード決済自体がキャンセルされることとなり1円も払わずに済むことも可能です。

 

万が一の場合はクレジット会社へ連絡

 

前述した通り、利用者が出会系サイトでクレジット決済を行ったとしても、カード情報が直接出会系業者に渡ることはありません。

 

その間に、決済代行会社が入り、手続きを代行してくれているためです。

 

しかし、疑問なのが「決済代行会社」の存在。
本来なら、ここでクレジット決済を止めてくれれば、私たち利用者は悪質な出会系サイトの被害者にはなりません。

 

なぜ、相手が悪徳な出会系業者だと知りながらもビジネスに手をかすのか?

 

答えは、決済代行会社は自社の利益の為に平気でブラック業者と手を組むからです。

 

ただ、決済代行会社はクレジット会社からの返金要請を恐れています。

 

出会系サイトの利用者が、クレジットカード決済にてポイントを購入していた場合、相手がサクラによる被害だと気がついた時には弁護士などからクレジット会社に対して、今まで行った決済の分の返金要請があります。

 

返金要請が入ると、クレジット会社はデータからどの決済代行会社経由の顧客かを調べます。

 

同じ決済代行業者からの顧客ばかり続く場合は「この決済代行業者は信用できない」と判断され、カード会社からの決済代行契約を切られてしまう可能性があります。

 

コールセンター

 

万が一、悪質出会系サイトでクレジットカードを利用して決済を行ってしまった場合は、消費者センターに相談することはもちろんのことですが、クレジット会社にも連絡して事情を説明しましょう。

 

相手は集団で詐欺を行っています。
返金にこぎつけるには手間や時間もかかりますが、専門の弁護士を通すと話がスムーズに進むので、泣き寝入りをしないでしっかりと勇気を持って対応していきましょう。

 

それでも不正利用されてしまった場合

 

出会系サイトでのカード決済は安全なのですが、ごくまれに見覚えのない金額の請求がくることがあります。

 

例として、飲食店でのレジでの金額の打ち間違えや購入商品のバーコードが間違っていることもあります。実際に購入したものとは違う請求金額に驚きますよね。

 

その他、不正アクセスやフィッシング詐欺、スキミングなど。
カード情報を盗まれ第三者によって勝手にクレジットカードを使われてしまう被害もあります。

 

男2

しかし、クレジットカードには不正利用の補償という利用者の権利が付いており、利用者が心当たりのない請求は支払いの必要がないことになっています。

 

有効期間は各種カード会社によって異なりますが、決済から40日〜60日以内に設定されていますから、請求内容を見て覚えがない請求に気がついたらカード会社に連絡するようにしましょう。

 

また、悪質出会系サイトがカード決済を利用し、決済代行会社に対し不正を行う可能性は極めて低いです。

 

悪質業者が不正な請求を行ったとしても、すぐにバレてしまいますし信用情報にも関わります。

 

出会系サイト運営側が各種クレジットカード会社と直接の契約を行うことはほぼありませんから、クレジット決済をサイト内に取り込むためには決済代行会社の存在が不可欠になります。

 

決済代行会社の信頼を失うと自らの首を絞めてしまいますので、悪質出会系サイト運営側の不正は心配しなくても大丈夫でしょう。

 

どんな場合でも自分が利用した以上の請求があったらクレジットカードの不正利用にあたります。

 

しかし、クレジットカード会社は不正利用による損害の補償を行ってくれていますから、「おかしい」と思ったら落ち着いて利用しているクレジットカード会社に電話するようにしてください。

 

 

まとめ

悪質出会系サイトでサクラに騙され、その上、クレジットカードまで不正利用されてしまったら…と想像すると不安になりますよね。

 

しかし、どんな悪質出会系サイトでクレジットカード決済を行ったとしても心配は無用です。

 

相手は違法業者ですから、自分には非がないことをしっかりと自覚し何をしてきたところでも否定することが大切です。

 

このような悪徳業者は「気の弱い人」「押しに弱い人」「情報弱者な人」をターゲットとして探しています。

 

トラブルに巻き込まれないためにも弱気にならず、正しい知識を持って自信を持った態度で対処するようにしましょう。

このページの先頭へ